【2023年紅葉】初冠雪の谷川岳で三段紅葉を狙え! 雪の岸壁と紅葉の一ノ倉沢でインスタ映え間違いなし! - 未来の谷川岳

【2023年紅葉】初冠雪の谷川岳で三段紅葉を狙え! 雪の岸壁と紅葉の一ノ倉沢でインスタ映え間違いなし!

群馬・みなかみ・谷川岳のページ

雪と紅葉のコントラストが美しい一ノ倉沢の写真が撮りたい、景色がみたい。谷川岳も三段紅葉がみられるチャンスが年に数回あります。そんな一年で一番ベストな紅葉の日を狙いたい。そんな方におすすめの記事です。

三段紅葉って?

三段紅葉とは、山頂の「雪」・中腹の「紅葉」・麓の針葉樹林の「緑」が一度に楽しめる景色のことです。毎年、10月中旬から11月初旬にかけて楽しめます。日本の四季の魅力を一度に楽しめるこの景色は、初冠雪時にしか見られない貴重なものです。北アルプスの白馬村の写真がよく見かけられます。3,000m級の北アルプスは山麓と標高差があり、三段紅葉ができやすい状況にあります。この白馬で有名な三段紅葉が、谷川岳でも年に数回みられるチャンスがあります。

①一ノ倉沢の紅葉時期はいつ頃?

10月上旬に稜線付近の紅葉が始まります。紅葉は上部から徐々に始まり出合い付近は例年10月20日前後がピークになります。11月の1週目ぐらいまでなら紅葉が楽しめます。
2023年の紅葉は、遅れているようでしたが、10月23日(月)現在、一ノ倉沢は見ごろをむかえております。

②谷川岳の初冠雪はいつ頃?

過去10年間の谷川岳初冠雪日は、下記です。
2012年11月2日 
2013年10月17日 
2014年10月28日  
2015年10月28日 
2016年10月30日  
2017年10月19日 
2018年11月2日 
2019年11月4日 
2020年10月30日
2021年10月18日
2022年10月24日
2023年10月21日

おおよそ10月下旬ぐらいです。もちろん10月に降った雪は、晴れるとすぐに消えてしまいますので、雪が降った翌日の快晴の日が狙い目です。

③ベストなタイミングはいつ頃?

つまり、①と②が重なった翌日の晴れの午前中が狙い目です。10月の雪はすぐに溶けてしまうので、雪と紅葉の写真が取れるのは、年に数回のチャンスなのです。10月4週目ぐらいが目安となるでしょう。

11月に入ると紅葉も終盤となり、色が薄れてくるため、条件が揃うのは数日しかないのです。

谷川岳が雪が降るかの予報は、下記アプリ(Windy)がおすすめです。

Windy.com  

検索機能で「谷川岳」と入力すると、ピンポイント(実際の山の標高)で天気が見れます。雪が降る目安の気温は3〜4度ですので、天気予報と共に初冠雪の予報もできるでしょう。

一ノ倉沢は午前順光です。特に日の出がおすすめです。モルゲンロートに染まる一ノ倉沢の岸壁は、見応え抜群です。

水上の日の出時間は、下記の通りです。
10月10日 5時46分  
10月20日 5時55分
10月30日 6時5分 
11月7日   6時13分

アクセスの注意点

谷川岳一ノ倉沢道路(国道291号線)は自然環境保護の観点から、年間を通して通行規制となっております。自動車での乗り入れはできません。駐車場は谷川岳ロープウェイの有料駐車場をご利用ください。

10月中の土日祝日及び11月3日(金)、4日(土)、5日(日)の間、谷川岳ロープウェイの駐車場は観光シーズンの混雑緩和のため夜間閉鎖となります。前夜入りなどの登山者は谷川岳インフォメーションセンターの無料駐車場に駐車可能です。
谷川岳インフォメーションセンター前の駐車場の奥半分(約150台)を24時間解放しています。
10分程度歩く距離が長くなりますが、こちらをご利用ください。

一ノ倉沢への道は、舗装道路となっております。ロープウェイから約3kmです。

乗車人数に制限があり、予約もできませんが、電気バスが運行しております。谷川岳の魅力を詳しく案内してくれるガイドさんが同乗します。こちらの記事もどうぞ! 

X(旧Twitter)の投稿で、谷川岳一ノ倉沢の三段紅葉を見て、「息をのむ絶景 洗濯したようです。」と投稿された方がいらっしゃいました。この言葉が谷川岳の偉大さを物語っております。今年は、まだ3段紅葉のチャンスがありそうです。

【絶対お得!】谷川岳ロープウェイを割引で乗る6つの方法をご紹介!!!

ひとり旅特集 びゅう

コメント

タイトルとURLをコピーしました